― Drops of silence ―

God will not let you be tempted beyond what you can bear.                                     ―神は乗り越えられる試練しか与えない―
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPphoto and universe in my mind ≫ 彷徨の記

彷徨の記

紫陽花⑤

 2年前の師走の夜中、突如全身に激痛がはしり目が覚めた。
 我が家は気密性が高く、しかも防音を兼ねた造りになっている。
 わたしの部屋は2階の西側、夫は階下、息子は2階東側とばらばら。
 そのため呼べど叫べど誰も気づいてくれず…。激痛で躰全部が動かせない
 このまま激痛に埋もれ死んでしまうのだろうか?それもまた運命か…、などと思った。
 と、そのときどえりゃ~ことに気づいた。今夜のおパンツぼろっちぃ~~!! あほか?
 なんとしてもこの危機を回避しなくては!!と、さらなる大声で助けを呼んだ。
 声帯までヒリヒリしてきたころ、、、神のご加護だろうか、やっと息子が気づいてくれた
 そして夫とふたりして担いで救急センターへと クルマでね^^
 救急センターではCT撮って痛み止めの座薬をくれただけで、翌日整形で受診。
 全身ギックリのようなものだとか??とにかくブロック注射1本で治ったのです。
 それがまた金曜の夜から、今度はじわじわとキターーー!!!
 昨日は鎮痛薬を飲んで重病ぶって寝ていた。かなりマシになった、、、ような気がする。
 しかし一応、新品おパンツ穿いとこうっと 

ライン560

 今回の痛みは腰痛ではなく内臓疾患かもしれないと、掛かりつけの内科で受診しました。
 この医院は評判が良過ぎていつも混み混み。
 先生が過労で倒れたこともあるため月曜は夕方5時からの診察しかありません。
 土曜からずいぶん待ちました。
 わたしが最も激しい痛みを訴えたところは腎臓が悪い箇所なのだそうですが、、、
 尿検査に問題は全くなし。
 なので先生は最初「筋違いちゃうか~」などと軽口をたたいていました。
 こんだけ痛いのに肩こり系ってか?冗談は顔だけにして~と思っていたら、、、
 血液検査の結果に先生もビックリ!
 わたしの普段の白血球数値が4000程度なところ8200と出ていました。
 CRP(炎症反応)も正常値が0.3以下のところ3.3もありました。
 先生曰く「こりゃ、いかんなぁ」と。しかし、それがどこからくるものか…。
 とりあえず少しでも早くラクになるようにと院内で抗生剤を服用し、頓服座薬も入れました。
 5日間安静にして様子みて、金曜日に再診ということになりました。
 皆様にはご心配をおかけし申し訳なく、また温かいお言葉に感謝の気持ちでいっぱいです。

                       ポチッとよろしく❤(o〃_ _ )❤ にほんブログ村 ポエムブログへ
                                     ❤ありがとう❤
photo and universe in my mind | Comments(-) | Trackbacks(-)